借金を帳消ししたい時は債務整理の自己破産がおすすめ - 債務整理をすることにデメリットはあるか

債務整理をすることにデメリットはあるか

  • 借金を帳消ししたい時は債務整理の自己破産がおすすめ

    • 様々な貸金業者などから借り入れを行ったために、多額の債務を背負っている人の救済法として債務整理という手続きを行うことができます。



      借金返済ができない問題が発生したときの救済手段として、法的な方法を用いることによって解決できる可能性を知っておくことで、いざというときに人生の再建のために役立たせることができます。

      多額の債務を抱えている人の中には、精神的な負担が大きくなっていることもあって、とにかく借金を帳消しにしたい場合や、返済を行う意思を持っている債務者であっても現実的に無理と判断される人もいると言えます。



      そのようなどうしようもない状態になっているときには、自己破産を行うことで解決を図ることが可能です。



      債務整理には自己破産以外にも、リスクの少ない法的手続きとして任意整理や民事再生などの手段がありますが、それらの手続きを行っても解決できないと考えられるときには、自己破産を行うことになります。



      自己破産は地方裁判所に破産の申し立てを行うことで、借金の全てを帳消しにできる債務整理の手段になります。

      持っている財産があるときには、手放す必要性が生じますが、その代償として多重債務の苦しみから解放されます。



      自己破産には資格制限や職業制限、官報への掲載などの一定のデメリットはありますが、選挙権がなくなることや戸籍に記載されること、勤務先の会社から解雇されるなどのデメリットはありませんので、安心して行える債務整理の一種と言えるでしょう。



  • 関連リンク

    • 母子家庭では生活資金として必要なお金を、収入による金額だけでは足りないことも多いと思います。生活費を工面することに問題を抱えている家庭の場合には、消費者金融などから融資を受けることで資金を得ている人もいるでしょう。...

    • 借金の負担を減らすために行うのが債務整理ですが、債務整理と聞くと「自己破産」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし自己破産意外にも方法はいくつかあるのです。...