債務整理をすることにデメリットはあるか

  • 債務整理の方法も様々

    • 借金の負担を減らすために行うのが債務整理ですが、債務整理と聞くと「自己破産」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。



      しかし自己破産意外にも方法はいくつかあるのです。

      自己破産は全ての借金が帳消しになりますが、家や土地などの財物を手放さなければなりません。
      借金は減らしたいけれども、それだけは避けたいというのであれば、別の方法も検討してみしょう。まずは「任意整理」という方法があり、これは裁判所など公的機関を通さずに債務者と借金の減額について交渉を行います。



      利息分のカットや返済期間によっては払い過ぎた利息が戻ってくる可能性もあります。

      また自己破産と違って裁判所に提出する書類の作成なども不要ですので、手続き自体は簡単だと言えます。



      もしある程度返せる見込みがあるのであれば、任意整理を選択肢として考えてみるのもいいでしょう。

      そしてそれ以外に「民事再生」という方法もあります。こちらも一定の収入がある事が条件ですが、住宅などの財物を維持したまま、大幅に減額された借金を3年間かけて返す事になります。
      返済が不要になる訳ではありませんが、自己破産のように住宅を手放す必要がないため、マイホームだけは処分したくないという人にとってはメリットが大きいと思います。



      このように債務整理といっても色々ですので、自分にとって一番最適な方法を選ぶ事も大切です。



      また自分自身で判断が難しければ、弁護士などの専門家に一度相談してみる事をお勧めします。



  • 関連リンク

    • 様々な貸金業者などから借り入れを行ったために、多額の債務を背負っている人の救済法として債務整理という手続きを行うことができます。借金返済ができない問題が発生したときの救済手段として、法的な方法を用いることによって解決できる可能性を知っておくことで、いざというときに人生の再建のために役立たせることができます。...

    • 借金というのは本当に大変なのは間違いありません。そのために人生がメチャクチャになってしまう事もあるでしょう。...